中古のマンション

アパートのリフォーム

マンションリフォームで価値を高めろ

投資家が、中古マンションを購入したときに、すぐにマンションリフォームをする人がいます。中古で購入したマンションは、なんらかの理由によってマンションを売却したのです。多くは収益性がなく、管理費や修繕費を出すのに見合わないと判断したからではないでしょうか。 中古マンションを購入する場合は、そのままマンション経営をしても、赤字になることが多く、収益を上げるためにはマンションリフォームをする必要があるのです。 しかし、マンションリフォームをしたからといって必ず収益が上がるとは限りません。マンションリフォームをしても立地が悪かったりリフォームの内容に魅力がなければリフォーム前と大して変わらず逆に大赤字になるかもしれないのです。

魅力あるリフォームとは何か

では、マンションリフォームをするときの魅力あるリフォームとは何でしょうか。それは誰向けにそのマンションをリフォームをしたのかという、対象が明確になっているかという問題やその場所の問題でもあるのです。 例えば、東京23区にあるワンルームマンションを購入してリフォームした場合、ソーシャルアパートメントにするという方法があります。ソーシャルアパートメントとは、共有スペースがあるアパートです。多くの場合、ワンルームマンションをリフォームしてソーシャルアパートメントにすることが多いのです。 ソーシャルアパートメントの住人の対象者は、独身の20代から30代の男女です。そうだとすれば、それに合わせたデザインが必要になります。 しかも、東京23区であれば独身の男女多く一定の需要が見込めます。